深海

深く深く自ら潜ってゆく

 


苦しみ足掻き悶えるほどに深みを増す

 


耐えたものだけが見る世界

 


もしその世界を分からなければ

 


私はどこにいたのだろうか

 


そうして知らしめる

 


そこは私の世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


求めれば求めるほど自分が無価値に

 


こだわればこだわるほど無力に思え

 


手放せば手放すほどに浮かび上がり満ちてゆく

 


表面では見えない深くで存在し

 


境界を定めようとすればするほど

 


境界などないことが分かる

 


潜り

 


追いかけて追いかけて待つ

 


逃げ、自分を偽るよりは待つほうが良い

 


かき消し引き戻される

 

 

 

魂が真に悟り

 


運命を受け入れるまで

 


引き戻し続ける

 

 

 

 


苦しみ、足掻き、悶え

 


いつでも止めることはできるのに

 


止めることだけはしない

 


ただただ信じている

 


どんな時も信じている

 

 

 

 

 

 

 


そうして知らしめる

 


それほどまでに愛していると

 


知らしめられた

 


ここは

 


愛の世界