待宵

待つ宵に更けゆく鐘の音聞けば
あかね別れの鳥はものかは

 

 

夜の別れと比べれば全ての朝は耐えられる

 

あなたの繊細な美しさをまぶたに残したい
あなたの穏やかな声を耳に残したい
そして全ての感覚を思い起こす糧にしたい…

待つということは
受けとる準備をすること

悲しいからといって必ず涙が頬を伝うとは限らない

 

待つということは
何かを失うことではない
何かを得るための
醸成させる時間

 

簡単に手に入る「もの」は簡単に使えなくなる

欲しい「もの」が自分の奥深く底でわかっているのに
途中で安易なものに手を伸ばす時は
決まって後悔する

しかし動かなければ色んな見方をすることが困難
気づけば囚われの身

動きながら間違えながらひたすら深化し、夜明けを待つ

 

私は我儘な女

いつも悲劇のヒロインを演じている

視野が狭く物事を我欲の傲慢な視点からしか捉えることができていない

答えを焦り、早合点し

中身の伴わず、蓋を開けると空っぽ
そんな仮初めの女

 

そんな私をあなたはなぜ私を愛してくださるのだろうか・・・


あなたと居ると私の世界は全てが色を変える
苦手のものも苦手ではなく美しくさえ感じる
あらゆる違いは大切な糧になる


あなたのぬくもりが日を追うごとに思い出せない
あなたの繊細な美しさが薄れていく
ただ耳に残る声だけを頼りに

言葉を必要としない距離にまでいきたい
目で会話できる、目で抱擁できる距離に
あなたの心音を感じる距離に
行きたい…

 

あなたが来るまで待つ夜に比べたら

あなたが夜が深まる前に帰るのを見送ることに比べたら

朝あなたが隣にいないことなど比にもならない

 

許される時の限り

そばにいたい…