眠れぬ美女〜目覚め〜

無防備に触れたらのめり込まれる世界が存在する

眠っていた自分が目覚める

 

この国では女性は皆同じ様な格好をし個性を殺している

自ら好んで人と同じ様になろうとする

神秘性というものがない

 

人は隠されたものを見たいものだ

なのに全てを自ら晒してしまう

秘すれば花というこの国特有の美意識は何処へ行ってしまったのだろうか

 

 

私は「NO」を明確に示し他に追従しない

没頭したい世界には気の向くまでは溺れるがいつでも自分で這い上がって来れる余力を残している

追従している様に見せかけていて一切追従していない

それは恋愛に関しても言える事

 

私はパートナーと客観的距離、物理的距離を保つ

それはどこか無意識化での事だ

ゆえにパートナーは私が完全に手入っている様な自覚がない様だ

 

彼と過ごす時間は彼に夢中で全力を投じる

しかし共に過ごさぬ時間は自分の世界に身を投じる

 

「眠れぬ美女」という川端康成の作品がある

本質が描かれている

真に美しいものには男性は安易に触れることはしない

手に入らぬものとはもどかしく美しい

 

女性たちが自身の個性に目覚め個性美を追求することを願う

あなたの個性は美しい