最高と次善

「常に自分が思い描ける中で最高を求めなさい」

私は母にそう言われ育った

人は目先の利益や簡単に手に入るような「次善」のもので満足する時がある

しかしこの「次善」満足度が低い

常に次の可能性、他の選択肢を模索し、心が本当に満たされることはない

 

自分の中の本質を見極める

そして本質を際立たせるには極限まで本質以外をそぎ落とす

 

本物はいつもシンプル

余分な装飾がない

素材で勝負している

 

本質を追求する時「恐れや不安」が邪魔をする

自分では「不可能かもしれない」という「不安」

できない理由や理屈を並べて自己肯定する

それが自分を縛り身動きを取ることをできなくする

それに負けると次善を選択することになる

次善、二番目ばかりに囲まれていると本当に自分が求めていたことがわからなくなる

そしてこのことに気づいているにもかかわらず

次善ばかりを選んでいたらまた次善を選ぶ

挑戦しなければ人生は単調になる

 

本物を追求するには勇気が必要

思考ではなく本能

自分の中の内にある声に耳を傾け従う

自分の中の最高、自分にとっての最高

 

最高、本物を追求していくと気づけば手にしているのは本物だけになっていることにある日気づく

自分にとっての本物

他は必要ない

これさえあれば、この人さえいてくれれば

心が潤い、満たされる

満ち足りた心は外見に表れる

その美しい波動が次の幸運へとつながる

 

感覚を研ぎ澄まし

自分の中の最高の欲求を見極める

自分で自分を縛るのはやめる

そして私は今日も自分にとっての最高を求める