引力のある女性2 麗しい女性

精神は容姿を支配する

要するに外見は内面の一番外側ということだ

精神=内面が外見を決めている

ゆえに外見で判断されるのは仕方のないことだと常々思っている

何を大切にしているのか

その考えが外見、立ち振る舞いに現れているからだ

細部まで行き届いた手入れ、所作

美しい姿勢

潔さ

そんな方に私は心惹きつけられてしまう

麗しい女性

麗しい

精神的に気高く美しく、人に感銘を与えるさま

その境地に到達するまでにどんな経験をしてきたのだろう

 

言葉は人格を表す

行動、所作も然り

発する言葉はその人の考え方、育ち、価値観が詰まっている

違和感を感じてしまえば言葉を交わすたびに溝が深まる

逆に魅力を感じれば言葉を交わすたびに魅了されていく

 

精神的な気高さ要は芯がありぶれない強さがあるということだ

揺らがない

感情の浮き沈みがなく一定

それは自己処理できているからだ

自分の感情を自分でコントロールできている

自分の感情を他人に支配させない

これは困難な作業だ

人間良いと感じることがあれば嬉しいし

嫌だと感じることがあれば悲しい

外の世界に一喜一憂してしまう

それをコントロールする

レベル1の問題を問題と捉えているうちは問題

しかし自分がレベル3になっていればもはやレベル1は問題にはならない

 

麗しいと感じる女性に口数が多い女性はいないだろう

 土足で人の心に足を踏み入れることもない

ゆっくり時間をかけて相手との心の距離を縮めていき気づいたら自己開示を相手からしている

”待つ”これができる

目の前にあるもの表面的なものを信じるのではなく目にはみることのできないもの自身の直感を信頼する

 

気高い精神は自身を律するもののみが体現できる

そしてそれは容姿に現れる

麗しい女性は強烈な引力を持っている

圧倒的な存在感

なりたければ意識を精神を望む方向へ、目標へ導いていけば良い

すると自然と麗しい引力のある女性になっている

なぜなら

精神は容姿を支配している

のだから。