魅了する人々

人の本質

言葉、振る舞い、行動、態度。

人を見る上で幾つかの判断材料がある。

私が最も重要視していることは

”何気ない行動、ふとした発言”である。

人は緊張したり、意識したりしている時には着飾ることができるが、ふと我に帰る瞬間。自分にかえる瞬間。

意識していな時の何気ない言葉の端々やちょっとした仕草で人柄はわかる

                   漢学者”蘇家の人を見る方法”

漢学者たちもこのように人間観察方法として活用していた

 

私は長年”紳士”を求めてやまない。

紳士とは正直、温和、寛恕、勇気、聡明などの美徳を持ちこれを最も優雅に行動できること

サッカーレ

遠い距離感では紳士は多い。

2時間お食事。半日のデート。小旅行。

しかし近い距離感。日常、毎日となるとサッカーレの唱える紳士像を体現できる男性は少ないように思える。

遠い距離感では自分を着飾れる。

近い距離でも体現できるのは本質として自分の一部として染み付いている証拠

自己鍛錬を続けてきたもののみに為せること

本物は近い距離感でも継続し行動できる。これぞ本当の紳士だと考える。

淑女も然り。

自分自身が淑女でいないと紳士と出会えることは少ないだろう。

”行動”

行動はその人の本当の姿が映し出される鏡である

ゲーテ

口だけではどんなことも言える。

行動が伴っていない発言は確かに口だけ

見極めるには十分。

 

本物はこの先が違うのだ。

発した言葉を現実のものにするために行動を起こす。

そして継続し続ける。

そうするといつしか気づけば事実になっている。

これが思考に気をつけなさいと言われる本質。

普段発する言葉が”言霊”となり自身の運命を変えていく。

言葉が自分を動かす原動力となり行動する

この行動が未来を創造していく

 

大切なのは言葉を厳選し丁寧に扱う

この言葉を実行できるように行動を起こし

現実になるまで努力を継続をすること

そしてそれを体現している本物の紳士をを見つけたら

徹底して愛し、感謝を続けること

そして自分自身が淑女でい続けるための努力を怠らないこと