引力のある女性

魅了、目を引く女性、なぜか惹きつけられる女性

引力のある女性。

闇が深ければ深いほど光が増す

表面的に魅力的な人でも今ひとつ引力に欠ける人もいる

美しく、聡明にも関わらずどこか引力に欠けている

特別美しいわけではないが強烈な引力を持つ人もいる

 

違いは”痛み、孤独、理不尽さ”これらを乗り越えた経験、闇を見たことがあるか否かだと思う。

傷ついた経験がある人は優しさという最も強力な”強さ”を持っている。

この強さは謙虚さを身につけ、人に対し思いやりを持って接することができる。

全ての出来事が当然、当たり前ではないことを理解しているから感謝が多い

これはしなやかな美しさとなり人々を惹きつける。

憂な表情、柔和な雰囲気、芯が感じられる意思

これらは神秘に満ち溢れ妖艶な魅力として映る

底が見えない、もっと知りたくてたまらなくなる。

掴んでいるようで全く掴めない

 

奇しくも今まで恵まれた環境で育ったものにはこの”独特”とも言える魅力は備えることができない

ゆえに表面的には美しいが引力は出ない

美しいだけ。

 

今は辛くて思い通りに進行していないように思えても諦めず努力を続ければ必ず自分の欲する未来を手にできる

全ては、欲するものを手にするまでは旅の途中。

そう思うと肩の荷が降りる。

 

私自身もそうである

今は目指しているところ

過程に過ぎない。

しかし積み重ねほど尊いことはない

 

思うようにいかなくてもそこから学びとることができれば良い

乗り越えると自分の強みに変わる

しなやかな強さ。簡単には手にできないが、手にするのとしないのとでは明らかに違う。

乗り越えた女性は美しい

ゆえに今日もその美しさで人々を惹きつけてやまない。