〜運命の女性の哲学〜

別格の存在。

 

運命の女性はまさに別格。

比べる次元ない

 

何故人はそのように思うのだろうか?

それは今まで自身が出逢った事のない方だから…

多くの気づきを与えて下さり、刺激になる。

そしてこれから先も似た方とは出逢えないかもしれないとまで思わせるもの。

それは正しく個性。

個性が活かされているときは最も魅力的。

 

 

 

 “花が花の本性を現示たる時最も美なるが如く

人間が人間の本性を現示たる時美の頂点に達するのである”

                   ➖西田幾多郎