〜運命の女性の哲学〜

なぜ私はこの世界に身を投じているのだろうかとよく自問自答してしまいます。

愛しているのにどこかで終わりが来ることを望んでいる自分。

終わりを想像し、限られた制約の中で愛することを望む自分。

幸せを恐れ壊しにいく自分。破壊的要素が大きいのです。

創造は破壊から。

そしてこの感情は情熱へ直結して行っています。

興奮。高揚。心が動く。これほど尊いことはない。

簡単に得ることはできない感情。

しかしゆえに短命。

 

素晴らしいものを作るには情熱とミューズが必要。

感性が刺激され創造意欲が刺激される。

私は何も芸術のことに触れているのではいません。

恋愛もアート。sexもアート。

素晴らしい芸術作品を鑑賞し心が洗われ刺激を受けるでしょう。

私は恋愛関係にも同じことを求めています。

 

考えれば考えるほど人を愛すること以上に芸術的なことはない

フィンセント・ファン・ゴッホ

 

愛とは芸術。

アートを創造するように人を愛し、愛されている人は幸せ。

短命でも。

短命こそ。

出会いの引力。奇跡。尊さ。

全てに感謝を。