〜運命の女性の哲学〜

ファムファタール〜 

 

私は世の女性の多くが求める”結婚”に魅力を感じることができない

私の思う”ファムファタール”それは感じたことのない魅力。

男性の創造性を最大限に発揮させ、彼らを飛躍させる存在。非日常。別格の存在

”結婚”による日常では”ファムファタール”にはなりえない・・・

特別な刺激。強烈なインスピレーション。男性の狩猟本能、本質を刺激できる存在でい続けることは難しいから・・・

ゆえに短命。

 

そして”ファムファタール”は名前のない大人な関係である場合が多い

遥か昔から最高傑作の作品の裏には必ず”ミューズ”と呼ばれる運命の女性の存在があるように感じます。

 

彼女たちが彼らの男性性を刺激しイマジネーションを引き出す

世を回し、最高傑作を作る原動力となっている

 

 

私の存在が彼の男性性を高め、プライドを刺激し。

彼の居場所。存在意義を与える。

 

言葉にならない孤独感。

センシティブでクリエイティブな彼らには”ミューズ”が必要。

彼らに強烈なインスピレーションを与え新たなるものが創造される。

 

そんな存在で在りたい。