解放の宴〜愛を探す旅〜

 

 

一体何がこれ程までに私を感動させるのだろうか

一体何がこれ程までに私を突き動かし、魅了するのだろうか

 

 

私の言葉の意味をわかる人はいない

「私の言葉は、はなはだわかりやすく、はなはだ行いやすい。
ところが、これをしっかりとわかる人はおらず、
ましてや、これをよく行う人はいない。

言葉にはその大本となるものがあり、ものごとにはそれを統べる中心があるが、
人にはそれがわからないので、
私のことを理解する者がいない。

わかる者は稀であり、
それゆえ、私に倣う者はほとんどいない。

そういうわけで聖人は、粗末な衣服を纏って、心に玉を抱くのだ」

老子 第七十章 褐を被て玉を懐くー


全ては抽象的な比喩に過ぎない
私はその境地へたどり着きたいと言っているのではない
寧ろ抗い続けたいと言っているのだ

 

見るのでは無い、感じて欲しい即ちそれは心の目で見ることとなる

 


先日友人に
「私の言葉の意はどれくらい伝わるかな?」と尋ねてみた
友人は
「私には届く」と言ってくれて嬉しかった。
続いて私は尋ねる
「私の言葉の意を理解できる人はどれくらいいるだろう?」と。

友人は

「それは針に糸を通すようなもの」と答える

 


抽象的な事象とは見るものの想像力を必要とする、知覚を啓く必要がある
具体的な事象とはそのものの情景を細部まで連想することができる


老子は抽象的
マザーテレサは体現でした、具体的な存在と言ったところだろう

抽象的なニュアンスの世界、芸術や、テーマや、言葉、様々なものを
具体的な事象が彩りを与える
抽象的で理解できることもあれば
具体的に示されていないと認識できないことがある
具体的な例を連想する事で、具体的な事例を再認識することで、知っていた、忘れていた感情を思い出し、心を揺さぶられるものだ


選択や行動には対価があり
大きく動くものにはより大きなリターンがある。

しかし動かぬとは得るものも少ない


私は抽象的な世界が好きだが、具体的な事象によってより理解が深まることを思い出した。
それは大切な気づきに思う。

 

されど、抽象的とは美しい
あらゆる可能性を概念で縛るのを恐れる
感じる力が鈍化するのが怖い

 

私は言葉を必要としない世界が好きだ
私にはその言葉の変化や色、音が見え過ぎてしまう
時に言葉をニュアンスだけで感じることが出来れば様々な関係にどんな違う色の世界が見えるのだろうかと思う
それはただ、ただ感じる世界
全ての感覚か開き
感性が言葉を凌駕する世界


真実なるものを求めひたむきに旅に出るものは美しい
ただひたすらに一事を追求する
その行き着く先とはどんな境地なのだろうか


真実なるものを「愛」と言われるものとしたとする

(これはあらゆることに例えることができる)


私は愛という言葉は知っている
しかし愛とはどんなものかと問われると、答えることが出来ない
感じるものであり
それは概念化し、言葉の羅列に表すと何処か薄っぺらく淡白に思える


どんなものか分からない
ゆえにそれはなんたるかを知りたくなる
それならば、まずは愛と言われるものを感じる旅に出るだろう


その中で愛の跡を見つける
愛の跡は跡であって愛そのものではない
先が見えず、道に迷いながら旅を続ける

途中で愛の一部を見つける
一部は知識を知見しただけで生命にはなっていない
ただその一部を見つめ
その愛たるや私の愛かを心の目で見る
知覚を啓きながら、知覚では捉えられないものを受け取る

 

一時は本物かと感じたがそれは暫くして違うと知る
何処か私が「お人形」に感じる

本物が何かも知らないはずなのに、偽物は何故かわかる
それが本物へと向かう過程であることを私は知っているのだろう


何度かそれを繰り返し、やがて心が疲れてきた
もう休みたい…
心の目を閉じる事を決める


不思議なものだ
求めるのをやめると自然ともたらされるものである

 

やっとのことで愛を掴む
それなのに愛を掴んだけれども努力なくしては手からすり抜けてゆくことを知り、手からすり抜けないように努める

あらゆる「忍耐」を必要とされる

愛とはなんとも手がかかる何処か面倒なものと知る
しかし手をかけたものほど愛しく美しい

 

月日が経ち愛が心の中に入り込む
しかし油断していては
世の中に触れ、つい欲なるものに溺れてしまう
懸命に努力して手に入れたものなのにその努力など忘れ去ってしまう
なんと愚かな人間なのだろう
しかし「忘却」という愚かさとは時に美しくもある


それをも越え
愛が心の中に定着し、一体化する


するとあれほど求めていた愛のことは忘れ去る
求めていた愛は内にあると気づく
あらゆるものにこだわらず、あらゆるものを受け入れる
それは美醜善悪を越える瞬間

 

さらに月日が経つ
愛を求め旅に出、求め尽くして、自分のものにし、愛を求めていたことも忘れ私に立ち返る

いつの世も
柳は緑、花は紅
栄枯盛衰も飛花落葉も必然
偽りの世界に住む私が私の世界に立ち返る

解き放たれる瞬間
その瞬間とは至福の時
止まっていた全てが流れ始める
ただただ感じる時間

 

そう思っていた

 


私はどの段階にいるのだろうか?
時には最初の段階ですぐに戻り、
時には最終的な境地の手前に立っていたのに自らまた最初の段階へ戻る事を選んだようにも思える
もしくはもう在るのに無いと探しているのだろうか


私はその真実に無知

 

人は赤と一口に言っても同じ赤色は出てこない
求めるものには、認識には「違い」がある

苦行を続けていると苦痛が快感へと変化することがある
それは矛盾が矛盾の極みに達した時
それすら純粋なものとなるのに似ている
その矛盾の存在と非存在の境界を行き来する
私は幾つの境界を越え羽ばたくことができるだろうか

 

感度が鈍化してゆくのが怖い
あらゆる概念に縛られるのを嫌う
ゆえに瞼を閉じる
音がリズムを刻むのを感じる
香りが、音が、味が、肌があらゆる感覚が開き
全てが極限までに鋭敏になるのを感じる

 

感覚の世界に身を侵す
あなたは問い
私は言葉にならない声で答える
それは言葉になどできない非言語の領域
そして言葉を必要としない世界
そのリズムに引き込まれる

時に瞼を閉じ感覚を高め
時に目を見つめ合い目で会話する
そんな言葉を必要としない世界が好きだ
その時間私ただただ感じることに浸れる
だから好きなのだ


私は何処まで行き着くことができるのだろうか


あなたは「私」を見ていない
私を目でしか見ていない
即ちそれは私もあなたを目でしか見れていないことを指す…


心の目でみて欲しい
ゆえにまずは閉じていた私の心の目を開くことにしよう

それは解放の宴の準備

 

眠れぬ美女〜目覚め〜

無防備に触れたらのめり込まれる世界が存在する

眠っていた自分が目覚める

 

この国では女性は皆同じ様な格好をし個性を殺している

自ら好んで人と同じ様になろうとする

神秘性というものがない

 

人は隠されたものを見たいものだ

なのに全てを自ら晒してしまう

秘すれば花というこの国特有の美意識は何処へ行ってしまったのだろうか

 

 

私は「NO」を明確に示し他に追従しない

没頭したい世界には気の向くまでは溺れるがいつでも自分で這い上がって来れる余力を残している

追従している様に見せかけていて一切追従していない

それは恋愛に関しても言える事

 

私はパートナーと客観的距離、物理的距離を保つ

それはどこか無意識化での事だ

ゆえにパートナーは私が完全に手入っている様な自覚がない様だ

 

彼と過ごす時間は彼に夢中で全力を投じる

しかし共に過ごさぬ時間は自分の世界に身を投じる

 

「眠れぬ美女」という川端康成の作品がある

本質が描かれている

真に美しいものには男性は安易に触れることはしない

手に入らぬものとはもどかしく美しい

 

女性たちが自身の個性に目覚め個性美を追求することを願う

あなたの個性は美しい

 

 

 

 

真の美

個性は美しい

真に個性的な人は如何にノーマルになれるかを模索し

ノーマルな人は如何に個性的になれるかを模索する

人は無いものを、不足しているものを求めるものである

 

自分ではない誰かになろうとするとき人は「疲れる」

「意」から反していると脳が抵抗を示す

皆手にしているものが自分にも必要とは限らない

 

私はずっと「家庭」に憧れがなかった

そこ事に関してどこか罪の意識を持っていた

結婚に憧れているわけでもいないのにずっと家庭を持つ事に憧れをあたかも抱いていると言い聞かせていた

それが愛の最終の形でしかないと思い込んでいた

 

最近特別な力を持つ方とお話しする機会があった

その方に私は思いの丈をぶつけてみた

その方は私に

「そうだよ?あなたは家庭での学びを学ぶ事を決めてきてはいない

認めてしまえば楽になる」

と仰った。

 

私はその言葉をずっと求めていた

ただ自分では認めることができなかっただけ

 

いかなる抵抗も自分の願望だと認めてしまえば見える景色が変わってくる

暗闇から光を取り戻し徐々に明るさを取り戻していくとき

暗闇の中で必死に縋っていたものはただの糸だったと気づく

 

如何に自分が見えていなかったか

それに気づくとき全ての景色が変わってくる

 

個性は美しい

他と比較する必要などない

私は私だけの道を行く

あなたはあなただけの道を行く

 

 

嫉妬

信頼とは美しい行為

純粋は光彩を放つ

 

本当の愛とはただひたすら何も求めず相手を思うこと

傷つくとは傲慢から生ずる

期待とは自分の願望の投影

 

私の耳も目も塞がれている

だから真実の愛が見えない

真実の言葉が何を語っているのかが理解できない

 

嫉妬や怒りというものは防衛本能

自分を守ろうとする行為

全ての攻撃は助けを求めるサイン

私は何を守りたいのだろう

それを冷静に見つめる

出てくる答えは相手を失うことへの恐れ

それほどに慕っている表れ

 

大切な人と争ってどんな良いことがあるのだろうか

大切な人を信頼せず私は誰を信頼するつもりなのだろうか

 

私が信じるのはあなたの言葉だけ

あなたが私にくださる甘い言葉だけ

だからあと少しだけ・・もう少しでけでいいからあなたの体温を感じたい

そしたらば私は嫉妬などせずあなたを信頼し愛し続けることができる

だからもう少しだけ一緒にいたい・・・

 

 そしたらば私はいつもの私に戻る

自足しあなたを魅了し続ける女性に

だから今はあなたの腕の中で甘いたい

 

あなたが今晩月を見上げる間

私も月を見る

引力のある女性8 〜追従しない強さ〜

「RDI様本日はどの様なものをご所望でございますか?」

 

「ええ、今日はこの様なものを・・」

 

「かしこまりました。

こちらなどいかがでしょうか?」

 

「有り難うございます。

しかし残念ながらイメージとは少し違いまして・・・」

 

「左様でございますか。

〇〇の様なものですか・・・

難儀なことですね」

 

非常によくある会話である。

拘りが強い私は欲しいものが明確なため欲しいものが手に入らないことが多い

 

プロフェッショナルな方はここから私の潜在ニーズを引き出し、私の考えも及ばない様な素晴らしいアイディアを授けてくださる

拘りが消え欲するものが変化する

 

拘るということは決して悪いことではない

次善で満足していては気づけば全てが次善になってしまっていることもある

慣れというものは恐ろしい

しかし拘りに執着してしまうとマンネリズムが生じる

いつ会っても同じ印象

いつ会っても内面の成長も感じられない

 

これでは魅力を下げてしまう

芯は持ちつついつでもカメレオンのように変化できる女性はやはり美しい

簡単に追従するのではない

拘りを保ちつつ、聞く耳を持つ

心を緩める

真似ているといつかは本物になる

大切なのはどこへ向かうか決め歩み出すこと

 

偉大な創造には均衡の破壊がつきもの

均衡と純粋の静温の芸術が深みを増す

 

それはえも言われぬ深みへと変化する・・・

内に秘めた強さと柔軟性

 

私はどんな時でも揺るぎない態度で前進してきた

小さな女の子だった頃から

引用 スカーレット・ヨハンソン

 

 

 

 

 

 

女性性〜魅力の源泉〜

女性らしさ

 

女性らしさとういのは柔らかさ、艶をなくしては語れない

女性というのは柔らかく円のようである

柔和な表情・穏やかな安定感

無垢な笑顔は最高の癒し

艶というは生命の神秘

人は年齢と共に潤いがなくなる

 おおらかさも損なわれる

余裕の欠如からだ

 

時に女性らしさを欠いてしまう

独立心が高まり主義主張をひけらかす

そこに美はない

恐れは扉、壁ではない

本物は主義主張をひけらかさずとも圧倒的存在感で全てを制する

 

寛恕は深い魅力

多様性、違いを

受け入れるということはなかなか容易ではない

 比較をせず

無意識争いを避け

勝ちを譲る

 

譲る、受け入れる

手放し

執着しない

それは余裕となり貴女を彩る

余裕は艶をも生み出す

余裕ができると自分の欲求に目を向ける

自分の気持ちがワクワクすることに目を向けると

目が生き生きする

生命力が宿る

 

女性とは本来柔らかいもの

独立心は心の奥底に隠し持つ

頑張らなくても良い

頑張りすぎてしまうと無意識に鎧をまとってしまう

女性は女性らしい時最も美しい

 

貴女の魅力を引き出してくれる紳士が必ずいる

女性というのは紳士の前では必ず女性性が発露する

紳士が貴女を女神のように扱い貴女の女性性を引き出す

私は麗しい女性として扱われたい

そのためには女性らしさは備えておかないと

 

貴女は女性らしい男性に魅力を感じるだろうか?

私は感じない

逆も然り

 

 女性であることは素晴らしい

その喜びを享受する

 

自分の弱さを許容せよ

弱さを他者にさらけ出すことを恐れるな

他人の弱さに寛容であれ

弱さこそが美や魅力の源泉になり得ることを見据えよ

 

引用 茂木健一郎

 

 

引力のある女性7 〜優しさという強さ〜

貴人はたとえ不幸に見舞われようとも、

行いはことのほか高潔である

火はいくら下に向けても、炎は上に燃え上がる

 

引用 サキャ・パンディタ

 

何時も冷静沈着

一喜一憂しない姿勢は内面の成熟さと高潔さが感じられる

本物

 

変えれるのは自分の意識と自分が起こす現実のみ

人は変えられない

どんな出来事にも最良の面があり、捉え方次第

 

何事にも自然と感謝できる方は驕り高ぶらない

内面が未熟なものは出来事に一喜一憂し

感情の浮き沈みが激しい

 

愛するものに攻撃をしてしまう。

愛するものと争って時間を無駄にして何の得になるのだろう

存在が当たり前になり、どんなに大切か見えなくなってしまっている

特別を求めない

ゆえに特別になる

 

人が怒っている時を観察する

そうすると自然と怒りたくなくなるものだ

怒っている姿はどんな美人をも不美人にしてしまう。

 

弱いものほど相手を許すことができない

許すとは強さの証

引用 マハトラ・ガンディー

 

思う通りにいかないときこそ思いやり、高潔さを示すチャンス

人に自分の思考を操縦させない

 

人は自分の思考を高めることによってのみ上昇し、克服し、達成する

 

引用 ジェームズ・アレン

 

最高の笑顔と優しさという強さは人々を魅了する