引力のある女性8 〜追従しない強さ〜

「RDI様本日はどの様なものをご所望でございますか?」

 

「ええ、今日はこの様なものを・・」

 

「かしこまりました。

こちらなどいかがでしょうか?」

 

「有り難うございます。

しかし残念ながらイメージとは少し違いまして・・・」

 

「左様でございますか。

〇〇の様なものですか・・・

難儀なことですね」

 

非常によくある会話である。

拘りが強い私は欲しいものが明確なため欲しいものが手に入らないことが多い

 

プロフェッショナルな方はここから私の潜在ニーズを引き出し、私の考えも及ばない様な素晴らしいアイディアを授けてくださる

拘りが消え欲するものが変化する

 

拘るということは決して悪いことではない

次善で満足していては気づけば全てが次善になってしまっていることもある

慣れというものは恐ろしい

しかし拘りに執着してしまうとマンネリズムが生じる

いつ会っても同じ印象

いつ会っても内面の成長も感じられない

 

これでは魅力を下げてしまう

芯は持ちつついつでもカメレオンのように変化できる女性はやはり美しい

簡単に追従するのではない

拘りを保ちつつ、聞く耳を持つ

心を緩める

真似ているといつかは本物になる

大切なのはどこへ向かうか決め歩み出すこと

 

偉大な創造には均衡の破壊がつきもの

均衡と純粋の静温の芸術が深みを増す

 

それはえも言われぬ深みへと変化する・・・

内に秘めた強さと柔軟性

 

私はどんな時でも揺るぎない態度で前進してきた

小さな女の子だった頃から

引用 スカーレット・ヨハンソン

 

 

 

 

 

 

女性性〜魅力の源泉〜

女性らしさ

 

女性らしさとういのは柔らかさ、艶をなくしては語れない

女性というのは柔らかく円のようである

柔和な表情・穏やかな安定感

無垢な笑顔は最高の癒し

艶というは生命の神秘

人は年齢と共に潤いがなくなる

 おおらかさも損なわれる

余裕の欠如からだ

 

時に女性らしさを欠いてしまう

独立心が高まり主義主張をひけらかす

そこに美はない

恐れは扉、壁ではない

本物は主義主張をひけらかさずとも圧倒的存在感で全てを制する

 

寛恕は深い魅力

多様性、違いを

受け入れるということはなかなか容易ではない

 比較をせず

無意識争いを避け

勝ちを譲る

 

譲る、受け入れる

手放し

執着しない

それは余裕となり貴女を彩る

余裕は艶をも生み出す

余裕ができると自分の欲求に目を向ける

自分の気持ちがワクワクすることに目を向けると

目が生き生きする

生命力が宿る

 

女性とは本来柔らかいもの

独立心は心の奥底に隠し持つ

頑張らなくても良い

頑張りすぎてしまうと無意識に鎧をまとってしまう

女性は女性らしい時最も美しい

 

貴女の魅力を引き出してくれる紳士が必ずいる

女性というのは紳士の前では必ず女性性が発露する

紳士が貴女を女神のように扱い貴女の女性性を引き出す

私は麗しい女性として扱われたい

そのためには女性らしさは備えておかないと

 

貴女は女性らしい男性に魅力を感じるだろうか?

私は感じない

逆も然り

 

 女性であることは素晴らしい

その喜びを享受する

 

自分の弱さを許容せよ

弱さを他者にさらけ出すことを恐れるな

他人の弱さに寛容であれ

弱さこそが美や魅力の源泉になり得ることを見据えよ

 

引用 茂木健一郎

 

 

引力のある女性7 〜優しさという強さ〜

貴人はたとえ不幸に見舞われようとも、

行いはことのほか高潔である

火はいくら下に向けても、炎は上に燃え上がる

 

引用 サキャ・パンディタ

 

何時も冷静沈着

一喜一憂しない姿勢は内面の成熟さと高潔さが感じられる

本物

 

変えれるのは自分の意識と自分が起こす現実のみ

人は変えられない

どんな出来事にも最良の面があり、捉え方次第

 

何事にも自然と感謝できる方は驕り高ぶらない

内面が未熟なものは出来事に一喜一憂し

感情の浮き沈みが激しい

 

愛するものに攻撃をしてしまう。

愛するものと争って時間を無駄にして何の得になるのだろう

存在が当たり前になり、どんなに大切か見えなくなってしまっている

特別を求めない

ゆえに特別になる

 

人が怒っている時を観察する

そうすると自然と怒りたくなくなるものだ

怒っている姿はどんな美人をも不美人にしてしまう。

 

弱いものほど相手を許すことができない

許すとは強さの証

引用 マハトラ・ガンディー

 

思う通りにいかないときこそ思いやり、高潔さを示すチャンス

人に自分の思考を操縦させない

 

人は自分の思考を高めることによってのみ上昇し、克服し、達成する

 

引用 ジェームズ・アレン

 

最高の笑顔と優しさという強さは人々を魅了する

 

引力のある女性6 〜寛容であるという美しさ〜

生き方には次の二通りが存在する

どんなことがあっても奇跡ではないと考えて生きるか

どんなことでも奇跡であると考えて生きるか

引用 アルバート・アインシュタイン

 

自分の未熟な内面を目にしたら

取り除く努力を

驕りたかぶると感謝を忘れてしまう

奇跡のような積み重ねで全てを手にしているにも関わらず当たり前になり傲慢になる 

そんな女性に引力などあるだろうか

 

どんな問題も、その問題が創り上げられた水準からさらに上の水準まで

昇って考えなければ解けない

引用 アルバート・アインシュタイン

 

出来事に一喜一憂しない

攻撃は恐れや不安から

本当に自信のあるもの、魅力のあるものは攻撃などしない

する必要がない

失敗の質を高める

 

同じ失敗はしない

質を高めていく

すると訪れる出来事の、手にするものの質が高まる

まだ見ぬ、気づけていてない思考パターンを見つける

同じ行動を続けていては違う結果は得難い

質を高め行動を変化させる

 

もしあなたが夢を現実にしたいのなら、

あなたはその夢と恋に落ちる必要がある

引用 アルバート・アインシュタイン

 

常に愛する人に見られていることを意識し行動する

何気ない行動、所作、発言を意識する

 すると

住む世界が違ってくる

自信がみなぎるオーラ

 

Elegance is refusal.

エレガンスとは拒絶すること

引用 ココ・シャネル

 

高いモラルと威厳に満ちた振る舞い

内面の成熟からくる寛容さは美しい

 圧倒的存在感

 

感謝と謙虚さ寛容さをプラスして体現できる方は多くはない

しかし感謝と謙虚

それが抜けていては魅了はされない

 空虚

 

自信がないものは認められたくて我を通すことに一生懸命になる

「私の考えは〇〇、〇〇すべき」

多様性、人の多面性を理解できるものは

笑顔で「そうですか、その考えも素晴らしいですね」と心から言える

私は常に後者でありたい

 

寛容であることは内面の成熟の証

寛容

私はそれに美しさを感じる

 

 

引力のある女性5 〜創造〜

 

自分を満たす

欲求、欲望に忠実に自分を慈しみ満たす

 

個性を追求することは自分の中の深い欲求

表現の渇望

私の頭の中の”想像を創造する”

それは美しい行為

自分の中の最高の作品とういものは誰の目にも触れさせたくないものだ

自分だけのものにしたい

本物はコピーされる運命にある

引用 ココ・シャネル

  最高までの道のり

頭の中にあるに上手く表現できない

どう表していいのか

どうしたらそのまま形にすることができるのか試行錯誤する

頭の中で美しい音楽が鳴っているのにそれが弾けない

 

この手で素晴らしい建物を造り

美しいハーモニーを奏で

壮麗な絵を描きたい

この足で使命を果たし

この目で自らの美をとらえ

この口で偉大な真実を語り

素晴らしい歌を歌いたい

 

引用 ウォレス・ワトルズ

全ては私の頭の中

五感を駆使し、心を開き、堪能する

美しいものを見

美しい香りを嗅き

美しい音楽を聴き

美しいオーラを肌で感じ

美しい清らかで繊細な味を舌で味わう

 

自分の選択を最高の選択と信頼する勇気

自分を信頼し、自分だけの美しさを表現、体現する

 

創造とは尊く美しい行為

全ての源

美しさの根源 

 

 

 

 

 

〜運命の女性の哲学〜

どんな自分で在りたいか

悩むたびに考えさせられる

この態度は、対応は私の納得できるスタイルか

常に自問自答する

 

魂の探求のない生活は人間にとって生き甲斐のないものである

ソクラテス

 

人は変化を恐れ、慣れ親しんだものに、経験あるものに戻ろうとする

未知への畏敬の念を忘れてしまっている

高揚感、ドキドキ、ワクワクする感情

これは未知への期待から生まれる

この感情がなければ人生は退屈極まりない

 

私の望みはただ自分を支配すること

自分の考えを支配し

自分の恐怖心を支配し

自分の心や魂を支配することである

デール・カーネギー

 

一度通った道

帰り道は焼きはらう

今あるものを一度一掃する

放っておくと人は戻ろうとする

進化を妨げる

二度と戻れない

戻らない

未来に続かないものは追わない

 

いつも柔軟に変容する

誰の真似もしない

自分の真似も

 

大人の作法は個性を受け容れる

比較をすれば自分を見失う

 

全ては完璧

緻密に計算された世界

完璧で美しい世界

どこへ行くかは重要ではない

重要なのは決めること

いつも哲学する

たゆまぬ自己研鑽

それが美しい世界への道へ通ずる

 

その世界へ行くと決める

すると自分の住む世界が常に美しい世界で満たされる

完璧で美しい世界

それは美しいものだけが足を踏み入れることが許される楽園

 

 

 

 

 

 

引力のある女性4 色香

私たちの感情の75%は香りによって生成される

 

五感の中でも私は嗅覚を最も大切に思う

嗅覚は本能へ訴える

ごまかしがきかない

なぜ好きかそんな説明がつかない

本能なのだ

なぜか好き

 

そして香りは様々な記憶を呼び起こす 

香りは人の感情を突き動かす

 良い香りと感じれば心地よい気持ちに

不快に感じれば嫌な感情に包まれてしまう

 

香りとういのは感情を司ることができるのだ

香りを制するということは感情を制する

 

香水は究極のアクセサリー

香水をつけない女性に未来はない

ココ・シャネル

  

香りというオーラを纏う

貴女を印象づける

魅力が増す

似た香りを嗅ぐたびに鮮明に記憶が呼び起こされる

 

独特の世界観

華やかなオーラ

本能に抗えないオーラ

そんなオーラとなって貴女を包み込む

 

神秘の迷宮に人々を誘う

香りの複雑さは鮮やか彩となる

深く深淵

 

貴女にしか描けないアートのよう

唯一無二の香り

内側から湧き上がるような色香

色香はもちろん香りだけではない

漂う気品

姿勢

華やかなオーラも必要

様々な魅力が折り重なり色香となる

 

そんな女性は美しい